>>自己紹介

攻めすぎなので様子見

SP500が調整局面に入り、今日はVIX指数が34を越えてきた。

買いますか?私は買いません。この時のために円をドルにして保有していますが、下落局面が長く長く続く可能性があるので買いません。※1

安い時に買ってずっと保有しているHDV以外は、円安の恩恵を受けていてもマイナスになってる。

現金保有率が50%少しにまで下がっているので、とりあえず今週は様子見です。投資信託もほぼ米国株なので、年齢にしては攻めすぎだと思われます。

 

3日間でナスダック指数が10%下落、利上げが加速するのを嫌気。利上げペースについては年内のFFレート政策金利はCPIの発表前からすると1%程度上がっている。つまり、今までですとFFレート2%前半の意識が3%をける状態に。今回のFOMCの決定・結果の後には、今年末までの金利見通しが発表される。

おそらくFFレート3%くらいまで上昇するのでは?株価下落のターンで投資家は意識している。

そこで、本当にFOMCの結果、年末のFFレートが3%まで引き上げられたよ、となって、投資家がびっくりすることはあるのか?

 

※1

===私は無いと思う。FOMCの結果で米国株が叩き売られるパターンにはならないと思うけど、FOMC後に少し戻してまたずっと低空飛行が続くのではと思ってる。===