>>自己紹介

2022年1月14日|50歳からのポートフォリオと年間60万円の配当金

とあるyoutubeを見たのですが、「50歳からはリスクを背負ってまで投資する必要は無い」と。いや、人それぞれリスク許容度が違うし、目的地も持っている武器も違うのに、年齢だけでひとくくりにするのは止めて欲しいと思った。

50歳からのポートフォリオは、人それぞれだよね。

金融資産の内訳

前回と比較してみよう。

前回(1/5)

今回(1/14)

年末年始、投資信託に臨時収入をコツコツ入金したので、もっと投資信託の比率が高くなっていると思ったけど、ETFの比率の上昇の方がインパクト有りだった。

アセットアロケーション

前回(1/5)

今回(1/14)

ほぼ変化なし。

米国ETF

前回(1/5)

今回(1/14)

高配当ETF(HDV、VYM)の比率が上がりました。

 

なんとしても配当金が欲しいわけではないけど、Twitterでやたら、QYLDで高配当金を得ている人の投稿が目につく。中には何千万円もQYLDを保持していて、一気に50万円の配当金をゲットしている人も。

そうなんや。。やっぱり私は下手こいてるな。と思ったので、目標である「年間配当金60万円」に到達するためには、いま何を買えばいいのか考えてみた。VTIの比率50%を維持するとして、QYLDを何株買えばいいのか。・・・・・いやいや!QYLDの購入金額より、VTIがすごすぎて驚きました。

年間60万円の配当のために、このリスクを負う必要はないと思った。

 

若いころなら20年以上の長期スパンで投資期間を考えらえるけど、もう50歳過ぎてるので投資のリスクは大きい。引退時に大暴落して資産が目減りしても大丈夫なように、自分の決めたキャッシュポジションを越えてまで投資に回すのは止めておく。

配当金欲しさに、自分のルールを破ったりETFのスタメンを大きく変えたりするのも止めておく。